無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
計量経済学のわかりやすい参考書(07-12-12)
演習で実証分析をやっています。月末の報告会に向けて、グループワークをしていますが、なんとも思うような結果が出ず、苦戦しています。

講義でも習っているので、スイスイ分析できそうな気もするのですが、現実データを扱うと、仮説が実証されずに困惑することが多いッス。(@_@;)
しかも、データ収集にとても時間がかかる。。。ようやく分析結果が得られても、その分析結果が本当に有意であるといえるのかが問題。。。

そんなわけで「いまさら〜」の感も否めませんが、会社の帰りにジュンク堂で参考書を1冊買ってきて、なんとか知識補充。。。

例題で学ぶ初歩からの計量経済学 第2版
例題で学ぶ初歩からの計量経済学 第2版
白砂 堤津耶

本書によると、計量経済学とは…
「簡潔にいえば、経済理論にもとづいて作成されたモデルを、現実のデータを用いて統計的に推定し・検定し、経済予測や政策の評価・策定を行うとともに、一方において経済理論の深化と発展を志す学問」だとか…

いくつかある計量経済学関係の本の中から、この本を選んだ理由は、
・例題が豊富
・例題の解説が順序立てて書かれている
・データが新しく、実感できる
とにかく「初歩」と書いてあるとおり入門書!です。

まー、テキストが良くても、私が仮説設定を間違えていたり、トンチンカンな変数を選んでいたら、ダメなんですけどね〜

では、また参上します。ヽ(^◇^*)/押忍!【綾】管理人
| 【綾】管理人 | 研究の道は険しく・・・ | comments(2) | - | - | - |
Comment
2007/12/13 9:08 PM posted by: kabutomusi
計量経済学の本、私も先日買いました。但し2冊目ですが…
見比べながら読んでいこうと積んでいます。…
2007/12/13 9:25 PM posted by: 【綾】管理人
Kabutomushiさん

いつもホントお世話になっています(^^ゞ
さてさて、2冊を見比べて…ということですが、どの本を参考書として活用されているのでしょうか?
また、お会いした時にでも教えてくださいませ。
name:
email:
url:
comments: